fc2ブログ
 
■プロフィール

こまめ杏月

Author:こまめ杏月
豆料理大好き杏月(あづき)です
色々な“おいしい”を探そうと
アンテナ伸ばしてます
おいしい情報大歓迎!

■ブログランキング

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■★■★■★■
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ちび南部煎餅3
最後にご紹介するのは、ちょっと変わりダネ。

miniSenKuwa.jpg

巌手屋 桑の葉茶×ちび南部せんべい 9枚入り 262円

岩手は昔、養蚕が盛んだったとか。
その名残で、桑の木が残っていたのかなぁ?
でも、桑の葉茶を普段に飲んでいるかといえば答えはノー。

最近、体に良い成分が桑の葉から見つかったと言うニュースがありましたし、
昔から薬草として使われていたという話もありますが、
なぜ、南部煎餅とコラボレーションしたのか・・・ちょっと不思議(^◇^;)

他の袋が普通のビニル袋で、透明の窓から中の煎餅が見えるのに、
これだけはアルミ蒸着タイプで、お煎餅は写真になっています。
かなり緑色の煎餅みたいですが、ホントかな?と半ば疑いつつ、
袋を切って中のお煎餅をみてみたら…写真以上にはっきりした緑色です。

しかも、その上に深緑色の「桑の葉茶」がたっぷりのっています。
匂いはそれほど強くないですねぇ…微かにお茶のような感じかな。
かじってみると、珈琲ほどではないけれどサクサクです。
味はですねぇ、抹茶のようにキツいお茶の味ではないです。

それよりも、ちょっとした甘味とコクを感じたので、
原材料をチェックしたら、マーガリンが入っていました。
そう言われればマーガリンの感じかもしれません、この感じは。

ただね、飲み込んだ後にちょっと塩分とお茶のエグミを感じます。
塩分強めなのかなぁ?・・・成分表は表示されていないので、
はっきり言いきれないんですけど、そのへんがちょっと気になりました。

あ、まずいワケではありません、むしろおいしくいただきました。
3つの中ではミルクがイチオシですねぇ。次は僅差で珈琲。
桑の葉茶は珍しいからお土産向きって感じかな(^◇^;)

あ、最後におばちゃんの表情ですが、
丸いお口になっているので、普通なら笑顔に見えそうなんですが、
このおばちゃんは居眠りしているように見えちゃいます(^O^)
おばちゃん、煎餅こがさないでねってY(^O^)Y

ちび南部せんべいは、小粒だけど個性的で、
楽しく食べられて、満足、満足!です(^_-)<☆
スポンサーサイト





テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

たべもの | 23:46:17 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
杏月さん、こんばんは(^-^)ノ

チビ煎餅シリーズお疲れさまでした~♪
お奨めはやっぱり牛乳ですかv-343
フレーバー名をみただけでも、一番美味しそうに感じてしまいます(^^)
なるなる生地のタイプは、まめごろうと定番の中間ですかぁ…。
あのまめごろうの生地はすごく美味しいのでちょっと残念(;.;)
2007-12-08 土 01:30:48 | URL | みぃち [編集]
私もコレかなり惹かれてました^^
私の興味はコーヒー→桑の葉→牛乳でしたが
食べてみると違うかもしれませんね♪
桑の葉茶ってのも気になります(*^_^*)
2007-12-08 土 07:45:33 | URL | ann [編集]
コメント、ありがとうございま~~~す。
みぃち 様
 そうそう、みぃちさんはまめごろうがお好きでしたよねぇ。
 あそこまで厚くはないんです、今回の生地は。
 もっと薄くて、軽くて、サクサクで、生地自体の甘さは控えめです。
 まめごろうの類いは南部煎餅ではなくて
 クッキー風味の手焼き煎餅なのですが、
 ちび南部せんべいは南部煎餅としての
 変わりフレーバーって位置づけ、っていう感じかなぁと思います(*^_^*)

ann 様
 珈琲の食感の軽さ、後に残る香の良さも、魅力的でした。
 でも、牛乳のまろやかな味わいも捨てがたいんですよぉ。
 桑の葉茶もね。お茶の方を味わってみたいという、
 新たな欲求が沸き起こっておりまして(*^_^*)
 今度、産直にでも行って、桑の葉茶を探してみようかと思ってます。
 見つけたらまたご報告させて頂きますね(^_-)<☆
2007-12-09 日 00:24:00 | URL | 杏月 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する