■プロフィール

こまめ杏月

Author:こまめ杏月
豆料理大好き杏月(あづき)です
色々な“おいしい”を探そうと
アンテナ伸ばしてます
おいしい情報大歓迎!

■ブログランキング

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■★■★■★■
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
昨日、仕事で郡山の郊外に行ったら、
小さな道に、小さめな栗がバラバラと落ちていたので、
サッと拾えるだけ拾ってポケットに入れて来ました。

Kuri.jpg

拾いたての山栗が手に入った時だけできること、それは「生栗」を食すこと。
「え?、生栗!」と思われるかもしれませんが、
これがおいしいのですよ、ホント。

杏月も父に教えてもらった時は「え?生で食べる?!」と驚きましたd(^_^o)
でも、食べてみたら、ちょっとエグミはあるものの、噛んでいるうちにほの甘くなって、
茹で栗とも焼き栗とも天津甘栗とも違うおいしさでした。

スーパーとかで売っている栗ではこうはいかないんですよ。
収穫したその日のうちじゃないと、エグミが強くなってマズくなるのです。
それにいくら拾ったその日でも、たくさん食べると腹具合に影響が出るのですσ(^_^;)

そんな危険を冒してまでも食べたいかといえば、食べたいのです(^◇^;)
それくらいおいしい〜!のです。

そんな訳で、昨日、家に帰ってから、ペティナイフで鬼殻と渋皮を剥き、
しゃきっとした食感と天然の優しい甘さを味わいました。
あ〜、秋の味覚です。おいしかった(*^_^*)
スポンサーサイト


テーマ:みつけた! - ジャンル:グルメ

たべもの | 23:33:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad